SF

1/7ページ
  • 2018.10.08
  • ,

映画「エイリアン:コヴェナント」

  「プロメテウス」の続編。 ホラー要素はほとんどなくなって、 前作から兆候のあった「生命とは何か」「進化とは何か」というような、 壮大なテーマを要素として盛り込もうとしてるわけだが、 それが逆に中途半端。 エイリアンの造形も全然魅力的じゃないし、 ホラーとしてはもちろん、SFとしてもイマイチすぎる出来映えになってしまった。 (ホラー耐性の低い僕が観ても全然怖くない。) 一応、ラストにド […]

  • 2018.10.07
  • ,

映画「ボルケーノ・アルマゲドン」

  原題は「GLOBAL MELTDOWN」なのだが、 『ボルケーノ』も『アルマゲドン』も有名な映画なので、 それを合体させた『ボルケーノ・アルマゲドン』という邦題は、 興行的には悪くない。てか、内容そのまんまだし。 観る前から大体の内容が予想出来、 そして観た後に予想を超えて落胆するという、 B級映画のあの爽快感を味わいたくて、 秋の夜長に鑑賞してみたのであるが。 主演は、米国最後の切 […]

  • 2018.09.16
  • ,

映画「スターシップ9」

  スペイン・コロンビア合作のSF映画。 最近のSF作品では、「孤独な宇宙旅行」を描いた作品がやたらと多い。 これがホラーになると、例えばエイリアンシリーズのように、 最初はたくさんいた宇宙船の乗員がひとりひとり惨殺される、、 という展開になるわけだが、 あれも結局は、最終的には主人公だけが残るという、 要するに「宇宙での孤独」というテーマが、 根底にあると言っていい。 我々ヒトは、あま […]

  • 2018.07.15
  • ,

映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

  連休中ということもあって、映画館には子供連れが多かった印象だけれども、 昔も今も、恐竜は人気安定のコンテンツ。 なので、たとえ駄作だろうとも「ジュラシック・パーク」シリーズとなれば、 それなりの興行収入は見込めるわけで、 既に絶滅した生物をネタにして金儲けするのは、 是か非かという議論があるというのはまだ耳にしたことがないけれども、 でも、人類が誕生した遙か昔に絶滅したということであ […]

  • 2018.03.02
  • ,

映画「10 クローバーフィールド・レーン」

  僕的には大した作品ではないと思うのだが、 「クローバーフィールド/破壊者」という作品が、 なぜか(中二病的)映画ファンの間で高評価になってしまったために、 その名を継いだこの作品の評判は、総じて低い。 交通事故に遭ったヒロインが、 目を覚ますと、地下室に監禁されている。 外では核戦争だか火星人だかで大変なことになっており、 この地下室にいることが安全なのだという。 それは本当なのか? […]

映画「空の大怪獣Q」

  1982年のSFミステリー映画。 翼竜がニューヨークで次々に人を襲い、 それに警察チームが立ち向かう、というシンプルな話なのだけれど、 同時に発生した強盗事件とリンクさせて、 ストーリーに厚みを持たせているあたりは、さすが。 1982年といえば随分昔のようだけれども、 スターウォーズの1作目はその5年も前なわけで、 それと比べると、特撮のレベルは、しょぼいなんてもんじゃない。 でもそ […]

  • 2018.02.25
  • ,

映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」

  B級映画界(?)では、結構評価が高い作品らしいので、観てみたよ。 これ、そんなにいいか? POVにして、ラストがバッドエンドだったら、 何となく傑作っぽいよね、という中二病的な・・。 ゴジラとエイリアンを足して3で割ったようなモンスターはチープだし、 脚本はあってないようなものだし、 まぁ、ライトにドキドキ感が味わえるという、 ゲーム世代向けの作品と割り切ればいいんだろうけど、 何か […]

  • 2018.02.18
  • ,

映画「メッセンジャー」

  「メッセージ」だとか、「パッセンジャー」だとか、 「パッセンジャー」だとか、似たような映画が多くて困るが、 この「メッセンジャー」が上記の作品と比べて決定的に異なる点といえば、 「ザ・B級映画」という点である。 ざっとあらすじを紹介すると、 土星の衛星タイタンと、海王星の衛星トリトン、 そして準惑星エリスのそれぞれから、謎の信号が地球に届く。 そして、それら3つの信号を重ね合わせると […]

  • 2017.12.25
  • ,

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

前作も、敵役のカイロ・レンが優柔不断すぎて、 かなりフラストレーションが溜まったわけだが、 今回はそれがさらにパワーアップして、 もはや撮ってる側もどういうキャラにすればよいのか分からずに、 迷走しているように思う。 まぁ結局は「スター・ウォーズ」という作品は、 人騒がせなスカイウォーカー一族のドタバタ劇というのが、 今回で身に染みて分かったし(今更だが)、 純粋なSF作品として楽しむのはもう無理 […]

  • 2017.12.18
  • ,

映画「メッセージ」

  謎の物体が宇宙からやってきて、 タコ型の爬虫類エイリアンがそこにはいる。 奴等の来た目的も分からない・・・。 こう書くと、「宇宙戦争」以来の、また陳腐なSFの焼き直しか、、 と思うかもしれないが、 そういう視点で鑑賞すると、おそらくこの映画は理解できないだろう。 これはSFというジャンルを借りた哲学的作品であり、 (Wikipediaによれば)原作の小説は、言語学や科学への深い洞察を […]

1 7