映画

1/45ページ
  • 2022.11.27
  • ,

映画「ムーンフォール」

2022年USのSFディザスター映画。 『2012』での、 あの支離滅裂・滅茶苦茶ぶりを、 今度は宇宙規模に広げて、 ローランド・エメリッヒが魅せてくれます。 いいじゃないですか、 まさにB級SFの完成形。 オカルト界では、 月が人工物だというのは、 もはや常識なわけで、 それを、 ( ´_ゝ`)フーン で終わらせずに、 こんだけカネかけて、 超大作を撮ってしまうのは、 まさにロマン。 しかもそこ […]

映画「グッドライアー 偽りのゲーム」

2019年、USのサスペンス映画。 投資と偽って資産を巻き上げる、 詐欺師の主人公が、 熟年向け出会い系サイトで、 カップリングした老婦人に取り入り、 お決まりの手に出ようとするが、 ところがどっこい… というお話。 まぁ、一言でいえば、 騙し&騙されってことなんですが、 実は主役二人に共通する、 暗い過去があって、 しかもそれが、 ナチスと占領軍に関係していて… と、オチを知ってしまうと、 やや […]

  • 2022.11.20
  • ,

映画「シン・ウルトラマン」

アマプラで解禁になったので、 早速観てみた。 ・・・・うむ。 リアル・ウルトラマン世代だし、 この数年の在宅勤務中に、 楽天TVで課金して、 全部とは言わないが、 ウルトラマンシリーズは、 懐かしみながら結構観たからね。 やっぱりお気に入りは、 ウルトラマン・レオだけれども。 さて、以下、 本作の感想。 CGがしょぼいのは、 僕みたいなオールドファンが、 違和感を覚えないように、 敢えてそうしたん […]

映画「画家と泥棒」

2020年、ノルウェーの映画。 展覧会で絵を盗まれた、 女性画家。 裁判で犯人を見た彼女に、 不思議なインスピレーションが生まれ、 犯人の肖像画を描くことを、 思い付く。 やがて、 完成した作品を観て、 号泣する犯人。 ※ここで入試なら、 「犯人は、絵を観て何故泣いたのか、 100文字以内で説明せよ」 って、問題を作りたいっす。 以降、画家と犯人との奇妙な関係がスタートし、 同時に、双方の心の葛藤 […]

映画「ミリオンダラー・スティーラー」

実際の銀行強盗事件を題材とした、 2019年アルゼンチンのクライム・アクション。 ややコメディタッチかな。 それにしても、 銀行強盗の映画多すぎでしょ。 まぁ、自分がそれ系を観てるだけかも、 しれないですが。 内容は、 もはや説明するまでもなく、 穴掘って、銀行に忍び込んで、 金庫から金品盗んで、 脱出して… ってだけなんだけれども、 コメディタッチだったり、 犯人のキャラが親しみやすかったり、 […]

映画「ヴァスト・オブ・ナイト」

2019年、Amazon Originalの、 SFちっくなミステリー。 舞台は1950年代の、 ニューメキシコ州。 電話交換手とラジオDJの主役二人が、 ある晩、謎の音声を探知するが、 その原因を探るうちに、 それは空から来た、 「何か」の仕業であることを知る、 という単純明快なストーリー。 ・・・・・ ・・・・・ 正直、ツマラナイ。 いまや映画の世界では、 宇宙人襲来(おっと、ネタバレか!?) […]

映画「サウンド・オブ・007」

2022年・USの音楽ドキュメンタリー。 ボンドのテーマの、 重厚なブラスに絡んでくる、 印象的なギターの旋律、 どこか悲哀を帯びた主題歌…。 内容はタイトル通り、 007シリーズの劇中音楽が、 いかにして作られたか、 またそれらが、 各作品にどのような効果を与えているか、 そしてそれに関わる、 作曲家や歌手、そして俳優達について、 インタビューを交えながら、 紹介している。 ボンド役は誰なのか、 […]

映画「ハミングバード」

2013年・英のアクション映画。 定期的に観たくなる、 ジェイソン・ステイサム。 アフガンのトラウマを抱え、 軍法会議から逃げ出した主人公が、 ロンドンの街にはびこる悪人達を〆る、 という、単純明快なストーリー。 まぁ観ていて飽きることはないけれども、 軍法会議から逃げて指名手配されてるのに、 さすがに好き勝手し過ぎじゃね? っていう、リアリティの欠如が、 致命的というか、 全体的に安っぽくさせち […]

映画「KIMI/サイバー・トラップ」

2021年、米のサスペンス映画。 「KIMI」っていうのは、 要はAlexaみたいなガシェット(≒家電)で、 「KIMI、音楽を流して」 って言うと、 その通りにしてくれる奴。 いくらAIとはいえ、 万能ではないわけで、 分からなかった言葉や、 誤認識したワードについては、 人の手で覚え込ませる、 つまりプログラムを上書きする必要がある。 この映画の主人公は、 KIMIが認識できなかった発話を、 […]

映画「クライム・ゲーム」

2021年、米のサスペンス。 1950年代のデトロイトを舞台に、 自動車産業の利権と、 それを取り巻くワルたちの、 騙し・騙されを描く。 監督が流石のソダーバーグだけあって、 ストーリーが濃密すぎて、 もはや説明不能。 これ、劇場で観たら、 絶対理解できないだろうなー。 アマプラで何度も停止&巻き戻しをしながら、 ようやく8割ぐらい?理解できた感じ。 登場人物の一人一人が、 腹に一物を抱えていて、 […]

1 45