映画「パッセンジャー」

 映画「パッセンジャー」

アン・ハサウェイ主演のサスペンスの方は、「パッセンジャーズ」(原題:Passengers)、
こちらは、「パッセンジャー」(原題:Passenger)。
紛らわしい。

恋愛要素を前面に出したSFなんて、
おでんにケチャップをかけるようなものだぜ(意味不明)と、

ハナから酷評してやろうと思っていたのだが、
これが意外と、なかなか楽しめる作品だった。

以下、新作にもかかわらず、無慈悲にもネタバレします。

凍眠した乗員・乗客5,000人以上を載せた宇宙船コヴェナント、いや、アヴァロン号が、
系外惑星へ向かう約200年の航路の半分ぐらいのところで、
小惑星群に突入してしまい、その衝撃でシステムエラーが発生する。

そのエラーにより強制解眠させられたのが、主人公のジム。

凍眠ボケから覚めて、宇宙船を歩き回るうちに、
自分はミスで解眠させられたのであり、
死ぬまでここで孤独に過ごさなくてはならないのか!と絶望する。

唯一の話し相手は、船内のbarにいたバーテンアンドロイド。

でも所詮はアンドロイド。

「今の境遇を楽しむべき」と言われて、
豪華宇宙船の娯楽設備で享楽するが、次第にそれも飽き、自暴自棄になる。

そんなとき、凍眠カプセルの中に、眠れる美女(オーロラさん)を見つけた。

そうだ、このコも解眠させて二人でラブラブで過ごせばいいんじゃね?
という邪念が湧くが、

いやいやいやいや、それは人としてサイテーでしょ、
でも一人で過ごすのも限界だし、、、という心の葛藤と闘うことになる。

バーテンアンドロイドにも相談するけれど、回答は得られず、
まぁ結局は、解眠させてしまう。

混乱するオーロラさんに対して、
「どうやらエラーで起きたのは俺たちだけみたいなんだよね・・」
という嘘を言って、自分はイイ人キャラで通していく。

ジムがイケメンじゃなかったらどうだったのか、というのはあるけれど、
当然、二人は恋愛関係になりますわな。

オーロラさんも自分の運命を受け入れて、
よっしゃ、彼女の誕生日にプロポーズだぜ、と気合を入れて指輪まで作ったジムだったのだが、

例のバーテンアンドロイドが、
実はジムがオーロラさんのことを解眠したのだと、ポロっとバラしてしまう。

混乱するオーロラさん。

あんなにラブラブだったジムに、「サイテー、人殺し」とキレまくり(そりゃそうだ)、
ジムの努力も空しく、こりゃもうあかんな・・・となったある日、

「こんな所に樹を植えたのは誰だ!」

という船内アナウンス。

どうやら甲板長もシステムエラーでお目覚めらしい。
(でも目覚めて第一声がそれって、他に言うことあるだろ・・)

とにかくシステムエラーの原因を探ろうと3人で手を尽くすのだけれど、
甲板長はあっけなくご臨終。

けれどシステムエラーの方はますますひどくなり、
このままでは宇宙船が爆発する!となったときに、

ジムが体を張って、救うというお決まりのパターン。

そしてオーロラさんも惚れ直す。

しかも生命維持装置を改良すれば、
2人のうちどちらかだけは再度凍眠に入れるということが分かり、

当たり前だが、ジムはオーロラさんが入るべきだと言い、
迷うオーロラ。

サイテーだけど好きになった男と宇宙船でこのまま過ごすか、
それとも無事惑星へ行って、夢をかなえるか。

さて、彼女の下した決断は・・・・!

ここまでにしておきましょう。

劇中では結末が描かれて、終了となります。

この映画の何が面白かったのかを考えてみると、
とにかく、コヴェナ、、いやアヴァロン号の設備が超豪華であること。

宇宙船で孤独を味わう映画は、このブログではもはやお馴染みなのだけど、
ほとんどすべてが、6畳一間みたいなところで、
むさくるしい男が一人で孤独と闘う、っていうパターン。

それがこの映画ではまるで逆。

誰にでも、ディズニーランドを貸切にしたい!みたいな妄想があるのと一緒で、
映画もプールも高級グルメもスイートルームも、全部使い放題。

しかも、掃除とか面倒なことは全部ロボットがやってくれるし。

そんでもって美女まで手に入れるわけだからね。
仕事もしなくていいし、考えようによってはサイコーな生活のわけです。

そういうおとぎ話みたいな部分がベースにあって、
あとはお決まりのパニック要素とか宇宙の描写とかちりばめれば、
エンターテイメントとしては十分楽しめる作品の出来上がり、といったカンジかな。

ジムを演じたのはクリス・プラットで、
こないだのジュラシック何とかで主演だった彼ですね。

恐竜と闘ったり、宇宙に行かされたり、
随分と大変そうですが、何のお仕事をされている方なのでしょうか。

オーロラさんは、もはや説明不要のジェニファー・ローレンス。

完璧な美人ではないけれども、
こういうちょっと愛嬌のある顔が最近人気みたいですね。
スカーレット・ヨハンソンとか。

甲板長は、お馴染みのローレンス・フィッシュバーン。
この人が出てくると、一気に締まる。

そして実は、アンディ・ガルシアが出ているのだけれど、
最後の一瞬だけで、これは笑った。

ということで、ちょっと日常からかけ離れたいとき、
深く考えずに単純なストーリーと映像を楽しみたいときには、是非オススメ。

適正価格:1,800円(劇場換算)