映画「クラウド アトラス」

クラウド アトラス

久しぶりに、いや、初めてだろう、映画を観てこんなに衝撃を受けたのは。

とにかく、強烈だ。

こんな映画が撮れるのか、、と、ただ、ただ、驚嘆するしかない。

物語は、6つのパートからなる。
1800年代、1950年代、1970年代、2012年、2100年代、
そして、文明崩壊後の世界。

時代も場所も異なる6つのストーリーなのだが、
実は、それぞれのパートにおける主要なキャラクターは、同じ役者が演じており、
いわば「輪廻転生」によって、6つのストーリーがつながるという仕掛けになっている。

しかし、そのつなげ方がまた絶妙なのだ。

映画というのは、音楽と同様、動的なエンターテイメントなわけだが、
「画面を観る」という行為そのものは、絵画同様、静的な性質をもっている。

映画のもつ、静的かつ動的な、その2面性を存分に活用し、
6つのストーリーを織り込んだ一大絵巻を創ってしまった、
ウォシャウスキー兄弟、改め、ウォシャウスキー姉弟には、感服するばかりである。

つまり、人は皆、つながっているということ。
電車の中で、あなたの隣で寝ている、水商売風のおネエさんも、
実は前世で、あなたの妻だったかもしれない。

いや、前世で妻だったからこそ、
いま、あなたの隣にいるのではないか??

「輪廻転生」を題材にした傑作としては、
三島由紀夫の「豊饒の海」か、この作品になるだろう。

芸術、恋愛、家族愛、闘争、戦争、SF、ホラー、カルト、旅、友情、同性愛・・・etc.

これまでの映画が、一本の中に苦心して練り込んできた内容すべてを、
この映画は、網羅してしまっている。

映画も遂にこのレベルまできたか。

今まで観てきた映画にはごめんなさい! この映画が最高です。

主演は、トム・ハンクスと、ハル・ベリー。

その他の俳優も、6つのストーリーの中で、「生まれ変わり」を熱演。

どのように登場するかは、エンドクレジットで種明かしされるので、
観終わってもすぐに席を立たないことを、おススメします。

適正価格:7200円