宇宙レベルの知性

文明の発達を、エネルギーの利用という観点から眺めると、
次のようになるのではないだろうか。
————————–
第一段階:狩猟・採集の時代
ヒトは他の動物たちと同様、食物連鎖の真っただ中にいて、
自然のエネルギーをそのまま享受・消費していた。

第二段階:農耕・牧畜の時代
効率よく生き延びるために、自然エネルギーを単に消費するだけの形態から、
育てて貯蓄する、という形態へ進化を遂げた。
これがいまから約1万年前。
このエネルギーの生産と貯蓄が、文明の誕生の引き金となった。

第三段階:産業革命
地球が長い時間かけて作り上げてきた、石炭や石油などの化石燃料を、
大量に消費することで、ヒトは工業化という文明の新たなステージに突入した。
これはエネルギーの一方的な消費の時代の始まりでもあり、現代まで続いている。

第四段階:核エネルギーの利用
核融合の原理とは、恒星を運用するメカニズムであって、
地球に住む我々にとっては、本来無縁のはずのものだった。
アメリカや先進国が、盛んに宇宙の研究を行っていたのは、
実はこの核エネルギーの原理を手に入れるためだったとも言われている。
効率のよいエネルギーであることは間違いないが、
このような宇宙由来のエネルギーを、果たして惑星人の我々が正しく運用できるのかどうかが、
いままさに問題になっているところでもある。
————————–

さて、現在盛んに系外惑星の探索が続けられているが、
その究極の目的は、別にエイリアンを探すことではなく、
地球外への移民を実現させることだと思っている。

帝国主義が、国内の強力な統治を前提としていたのと同様、
地球人が宇宙へ飛び出すためには、まずは地球内での完全な協調が必須であって、
昨今のように、民族的、歴史的、宗教的などの理由によって惑星内での紛争が絶えない状況では、
宇宙進出など夢のまた夢である。

それから問題になるのが、エネルギー問題である。
上に見たように、文明のステージが変わるときには、
必ずエネルギーの運用方法の変更を伴っている。

宇宙進出の時代になるのであれば、
核エネルギーの確実の運用か、あるいはまったく新しいエネルギーの獲得が不可避であろう。

このような状況をクリアして初めて、我々は宇宙へ出られるのであって、
仮にエイリアンが存在するとしたら、
彼らはこれらの問題をすべてクリアしているはずだ。
(これを僕は個人的には、「宇宙レベルの知性」と呼んでいて、
だからそのようなレベルの知性をもった生命体が、好戦的であるはずはあり得ない。)

ただ単に宇宙船を作るだけの技術であれば難しくはないことだが、
今の世界の動きをみていると、地球人が「宇宙レベルの知性」を手に入れるのは、
余程先のことか、あるいは無理なのではないかと思っている。

もし無理だった場合、どうなるのか。

あまり考えたくはないが、出口のないこの狭い星の生態系から、
ヒト属というピースが失われることになるだろう。