オペラ「アイーダ」(DVD)

オペラ「アイーダ」(DVD)

アイーダ

1989年、メトロポリタン歌劇場のlive。
指揮:ジェームズ・レヴァイン、アイーダ:アプリーレ・ミッロ、ラダメス:プラシド・ドミンゴ。

演奏、歌唱、演出、舞台、どこをとっても完璧。

世間的なウケは第二幕だろうが、やはり圧巻は第四幕。

第一場の王女のアリアから、フィナーレの変則の三重唱、これを観て感動できない人はおそらくいるまい。

ヒロインのアイーダよりも、その恋敵の王女アムネリスの方が、キャラとしては好きである。
そのアムネリスを演じたドローラ・ツァーイックの歌声・表情が、これまた素晴らしい。

今までDVDのオペラで感動できたことはなかったが、この名盤はそんな不安を一掃するに十分すぎた。

「アイーダ」の作曲は、ジュゼッペ・ヴェルディ。

同じファーストネームを持つ、異端の指揮者ジュゼッペ・シノーポリのことを思い出して、Wikipediaで調べたところ、
2001年にオペラの指揮中に急逝されたのこと。
そしてそのオペラが、この「アイーダ」だったというのは、何とも因縁を感じてしまった。

今更ですが、この場を借りてお悔やみ申し上げます。
僕が中学生のときに初めて買ったマーラーが、シノーポリ指揮の「大地の歌」だったことを思い出した。

エンターテインメントカテゴリの最新記事