映画「テッド」

映画「テッド」
テッド

自分たち以外が話している下ネタを耳にする場合、
そこにそれなりの「センス」がなければ、
ただドン引きしてしまうだけだ。

この映画が、まさにそう。

時折、思わず苦笑してしまうような、シニカルなセリフとかあるのだけれど、
それ以上に、ギャグや下ネタが低級すぎて、ヒドイの一言。

たぶん、ネイティブの80’sを対象にしているので、
そうでない自分には、何のことやら???な場面が盛りだくさん。

どうせだったら、中途半端に感動モノ的な要素など入れないで、
全編ギャグのオンパレードにすればよかったのに。

あとは、申し訳程度に、ノラ・ジョーンズが出てきてもねぇ・・。勿体ない。

この映画で、最後までイチ押しだったのが、「フラッシュ・ゴードン」。
残念ながら、世代じゃないので、まったく響かず・・・。

適正価格:250円

映画カテゴリの最新記事