「アーティストの言葉~美の創造主たちの格言~」

「アーティストの言葉~美の創造主たちの格言~」

「アーティストの言葉~美の創造主たちの格言~」
日本で「アーティスト」というと、
不思議なことに(特にポップ・ミュージックの)演奏家を指すことが多いけれど、
この本で採り上げているのは、画家・彫刻家を中心とした、
いわゆる「芸術家」「デザイナー」と呼ばれる人々。

ダ・ヴィンチから始まり、
セザンヌ、北斎、マグリット、イサム・ノグチ・・・と、
実に多彩。

85人の「名言」を収録している。

芸術家の言葉というのは、
断片的にフレーズだけ拾ってみても、
イマイチ意味が分からないことが多いのだけれども、

この本のすごいところは、見開きの半分を使って、
その作家の代表作をカラーで載せているところである。

だから、絵だけをパラパラと眺めていても、
85人の代表作が見れるわけだから、
美術の入門書としてももってこいなわけだ。

最初に書いたように、
この本は「芸術家」と「デザイナー」とを同居させているので、
似て非なるこれら2つの人種の違いを、
その言葉から実感することができる。

例えば、これは芸術家の言葉。

芸術の本質は、見えるものをそのまま再現するのではなく、
見えるようにすることである。(パウル・クレー)

次に、これはデザイナーの言葉。

すべては相対的なんだ。デザインとは「関係性」だ。
そこからデザインが始まる。(ポール・ランド)

違いがお分かりいただけだだろうか。

すなわち芸術というのは、自己の中に解決を求めるもので、
デザインというのは他者との関係性の中に解決を求める。

芸術が自己複製的であるのに対し、
デザインはコミュニケーションそのものだと言ってもいい。

ただ、そんなことを考えなくても、
歴史に名を残す85人の言葉というのは、
それぞれ輝いていて、読む側は身が引き締まる思いがする。

本・読書カテゴリの最新記事