「不朽の名画を読み解く」(宮下規久朗)

「不朽の名画を読み解く」(宮下規久朗)

不朽の名画を読み解く
14~20世紀の70人の画家の150点近くの
絵画の解説が、オールカラーで1,800円なら、
お買い得である。

中には、イマイチ説明がピンと来ないものもあったが、解説抜きで絵を眺めるだけでも、十分に楽しめる。

全体像はもちろん、寄りの絵があったり、参考作品もあり、人物伝もあったりと、この本を読んで実物を見たくなった絵もかなりある。

もし1枚だけ見たいなら?と言われたら、悩んだ挙句、カラヴァッジョの「聖マタイの召命」
何度ページをめくっても、緊張感が本から恐ろしいほど伝わってくる。
僕みたいな素人にでも分かる名画に違いない。これは死ぬまでには、実物を目にしたい。

唯一、この本を欠点を挙げるとすれば、「重い」。。。

右手でグラスを持ちながら、左手一本で読むスタイルの自分としては、
やや疲れ気味でもある。。

本・読書カテゴリの最新記事