「振仮名の歴史」(今野真二)

「振仮名の歴史」(今野真二)

振仮名の歴史
日本語には、かな(ひらがな・カタカナ)と
漢字があるから難しいとよく言われるが、
それだけじゃない、振仮名という厄介なものまである。

ならいっそのこと、漢字を廃止すれば振仮名だって必要なくなるじゃないか、と思われるかもしれないが、そうはならないだろう。例えばひらがなだけの文の右側に、「漢字による振仮名」みたいなのが出現するだろうことは、容易に想像できる。

漢字というのは、表意文字であり、一種の絵文字である。つまり「漫画」という、絵に吹き出しを付けるという形式は、実は漢字に振仮名を振るのと同じことなのである。

我々は、ひらがな・カタカナ・漢字・漫画、さらにはケータイの絵文字・顔文字などなど、コミュニケーションの道具をたくさん持ち合わせている状態と言える。

だから「振仮名の歴史」なんてものが、わずか200ページほどの本で説明できるなんて期待はしていなかった。
奈良時代の経文から始まり、絵巻物、小説、漫画、官報、新聞・・・メディアの種類でさえ多種多様なのに、そこにどんな「振仮名の歴史」があったかなど、一生かかってもまとめきれない仕事だろう。

    でも別に、すべて語ることが本の使命なのではなく、
   「我々はそういう複雑な状況の中で、それらを使いこなして過ごしている」という事実を、読者に気付かせることが重要なのだ。

そういった意味で、この本は、面白い(内容的にはむしろ「活字論」というカンジだったが)。

それにしても、自分のパソコンで「ふりがな」と入力して変換しても「振仮名」とはなってくれないのには、驚いた。
パソコンベースの生活が続くと、「振仮名の歴史」なんてものは、すぐに忘れられてしまいそうだ。

本・読書カテゴリの最新記事