「普通のデザイン―日常に宿る美のかたち」(内田繁)

「普通のデザイン―日常に宿る美のかたち」(内田繁)

普通のデザイン―日常に宿る美のかたち
すなわちハードとしての空間(=ウツ)がまずあり、それ自身が形を変えたり(=ウツロヒ)、
中身としてのソフトが詰まることによって、具現化(=ウツツ)するという、日本文化について語る上では欠かせない
事柄の再確認から出発し、だからこそ現代のデザインはこうあるべきだ、と論を進ませる。

良い喩えではないかもしれないが、久々に大学で授業を受けたような、
なんか襟を正して接しなければならない、というような気持ちにさせられる
(念のため補足をしますが、僕は大学時代に襟を正して授業に出ていたことはありません)。

この本を読んで、「芸術・デザインにおけるハードとソフトの問題」というテーマは、まだまだ語る余地が残されているな、と思った。

光悦の器で、ウィスキーを飲むのは邪道だろうか。
ディズニーランドに美術館ができたら、非難されるだろうか。
東京ドームで「ダヴィンチ展」を開催したら、どうなるだろうか。
・・・・・・

ITの分野では、ソフトがハードを選ばなくなってきている(逆もまた然り)。

     かつては、ウォークマン、電卓、時計、メモ帳、テレビ、
   ラジオ・・・なんてものは、それぞれ別のハードに頼らなければならなかったのに、今では携帯電話1台あれば、足りる。

だからといって同じように、東京ドームがあれば、そこで野球でも美術展でもやればいいじゃない、
とは、やはりなりそうもない。

その違いは何か・・・単純な問題なのかもしれないけれども、こういうことを考えると、デザインや芸術の本質というものが、自然と浮かび上がってくるのではなかろうか。
※それは、これらが優れているとか劣っているという意味ではない。

この本自体は、薄いし、とても読みやすく書かれているのだけれども、
奥に広がるテーマは、深い。

「語らずして、多くを語る」

こういう本こそが、優れた本なのだろう。素晴らしいです。

本・読書カテゴリの最新記事