「徘徊老人の夏」(種村季弘)

「徘徊老人の夏」(種村季弘)

徘徊老人の夏

僕はエッセイというジャンルが好きじゃない。
他人が何かをしたり、何かを考えたり、ということに
全く興味がないからだ。
それだったら、堂々とフィクションである小説や、自然科学系の本の方が興味をそそられる。

それでも中には、その文章が好きだから思わずエッセイを読んでしまう、という貴重な作家もいる。

種村季弘はそんな作家の1人で、内容は別にどってことないのだけど(失礼)、なぜかその語り口に引き込まれていってしまう。

内容ではなく語り口だけを楽しめるような本は、酒に合う。

種村季弘だって、ホントはえらく難しい評論を書く文学者なんだけれども、そんな本を片手に焼き鳥屋のカウンターで酒を飲んでも、内容がちっとも頭に入ってこない。
そればかりか、酒のまわりも中途半端になって、何ともカントモ、面白くない。

だから、語り口だけを楽しめる本ならば、音楽を聴いているのと同じ。日本酒だろうがワインだろうが、酒に対して無害である。

     「徘徊老人の夏」というエッセイは、

『94年は記録的な猛暑だった。』

というフレーズで始まる。

そういえば今年も猛暑だと言われるけども、実際問題、そんなことは言われてみるまでは、去年の暑さなんて覚えているわけがない。
いつだって夏は暑いものなのである。

そんな感覚で過ごしていると、別に酷暑も苦にならない。

最近、事務所のベランダの壁や天井に、蝉がへばりついて鳴いていることが多い。
ついこないだまではアブラゼミだったのが、今日はツクツクホーシだった。

なんの変哲もない白い壁に、なんで蝉が付きたがるのかがよくわからないけど、それも蝉なりの避暑なのかもしれないと思うと、何だか微笑ましい。

本・読書カテゴリの最新記事