「センスのデザイン―クリエイターの感性と技術―」(大内エキオ)

「センスのデザイン―クリエイターの感性と技術―」(大内エキオ)

センスのデザイン―クリエイターの感性と技術―
デザイナーの出す著作は、なぜか装幀が白い本が
多い。

デザインにおける「センス」とは何か、「センス」を身につけるにはどうすればよいか、というのがこの本の主旨なんだけれど、それは残念ながら、失敗。

トップクリエイター達のインタビュー集として読めば、それなりに楽しめる。

個人的な意見としては、「センス」なんてものはこの世に存在しないと思っていて、
「センスがない」というのは、「努力してません」「勉強してません」という意味だと思うし、
逆に、「センスがある」というのは、別に何もしなくてもできたというわけでは決してなく、人に見えないところでそれなりの努力をしている賜物なのである。

それでも、何か割り切れない、モヤモヤしたものがそこにあるのだとすれば、それは「センス」ではなくもはや「才能」だろう。

つまり物事を達成するのに重要なのは、「努力」と「才能」であって、「センス」なんて概念は、都合の良い言い訳にすぎないのだと思っている。

本・読書カテゴリの最新記事