「江戸っ子の身の上」(岡本綺堂)

「江戸っ子の身の上」(岡本綺堂)

江戸っ子の身の上
引き続き、綺堂を。

綺堂の随筆には動物がよく登場する。
動物といっても犬や猫のような愛玩動物ではなく、蜘蛛だの、蟹だの、キリギリスだの、、といった世間ではあまり注目されない存在を採り上げるあたり、まことに綺堂らしい。

大袈裟に言ってしまえば、アウトサイダーに対する愛情、となるのだろうか。
綺堂が怪談を得意としたのも、頷ける。

『満州の夏』という随筆に、蠍の話がある。

「蠍は敵に囲まれた時は自殺する。己が尻尾の剣先を己が首に突刺して仆れるのである。・・・蠍もまた一種の勇者である。」

蠍が自殺をするという伝説は確かにあるらしく、調べたところ2、3散見した。
けれど、「敵に囲まれる」なんていう状況は蠍の世界ではなかなかあり得ないだろう。

綺堂の達者な表現に、おもわずニヤリとしてしまう。

本・読書カテゴリの最新記事