「ポスターを盗んでください」(原 研哉)

「ポスターを盗んでください」(原 研哉)

「ポスターを盗んでください」(原 研哉)
原研哉氏の本は、ほんの少しでも、
「クリエイティブに関わっている」と思う人だったら、
絶対に読んでほしい。

僕が(生存している・失礼・・)人を褒めることはまずないのだけれども、
それだけこの人の書いている本は抜群に面白い。

というか、作家になった方がよいのでは、
と思うぐらい味わい深い文章を書く。


パリはまだまだ、食べきれないカマンベール・チーズなのである。

なんて、並大抵の人間に書けるフレーズじゃないと、思う。

何気なく、軽いタッチで書いた文章の奥に、
実はデザインの奥義が潜んでたりする、
一言でいえばそんなエッセイ集だ。

ある分野で有名になると、気取り、というか、
衒いのようなものが出てくるのだけれども、
この本にはそれがない。

あくまでマイペースに、謙虚に、
誤解を恐れずに言えば、「等身大で読める」。

いま、パラパラとページをめくってみると、こんな一節がある。

著者が、東京のデパートのサマーギフト・キャンペーンの写真を撮るために、
わざわざアフリカの砂漠まできて、
先の見えない砂の中を車に乗せられてひたすら走る。

退屈なんで音楽でもかけてもらおうと、
カセット・テープ(古っ!)を取りだす場面である。
日本から持ってきたカセット・テープを思い出し、
バッグから取り出してフィクサーのスベアに渡す。
「ジャパニーズの音楽か」
いや、ボサノバだと答えるが、
興味もなさそうにスベアはそれをデッキに放り込む。

結局、ボサノバはもっと優雅なところ聴かないとダメだ、
って自己完結して、テープを止めてもらうと、

そのスベアという現地の男がかけたテープは、
アラビアン・ポップス、というオチへとつながるのであるが、

まぁ、こんなどうでもいい話が、
とにかく面白いのである。

東京のデパートの「サマーキャンペーン」とのイメージの相違が、
思わず苦笑を誘ってくれる。

・・・・・・・・・
・・・・・・
さらにパラパラとページをめくって読み返していたら、
あっという間に30分が過ぎていた。。。危ない危ない。

本・読書カテゴリの最新記事