「『理科』で歴史を読みなおす」(伊達宗行)

「『理科』で歴史を読みなおす」(伊達宗行)

『理科』で歴史を読みなおす
モノを知ることの楽しみには、大きく分けて
2つある。
1つは、物事の知識を深め、そのことについてより多くを知り得たとき。
そしてもう1つは、今まで無関係に見えた事柄が、実はつながっていたというのを知ったとき。
これは、友人との間に、共通の知人がいることを初めて知ったときの驚きに似ている。

この2つを「ほどほどに」「バランス良く」楽しませてくれるのが、この本だ。

「歴史」というのは文字で書かれていることを前提にするから、文字を持つのが遅かった(少なくとも残されていない)我々日本人にとって、
歴史のスタートは、5世紀ごろ、かなり遅い。

だからそれより前は、「歴史」ではなく「考古学」の扱いとなる。
「考古学」の扱いになると何がマズイかといえば、「歴史」の教科書では
あまり多くを語ってもらえなくなる。

小・中学校時代の「歴史」の時間の記憶を辿ってみると、特に縄文・弥生時代の説明は頗る偏ったものだったように思う。

縄文人といっても、脳の容量では我々と変わりがないし、土偶のような優れた芸術も残している。
だからそれなりの文明は持っていたはずなのだが、なにせ文字で記録が残されていないので、分かりようがないのである。

     この本は、今まで語られてこなった、例えば「縄文時代の数の
   かぞえ方」「縄文時代の暦」
などについて、
大胆な仮説を提示するが、かといって「トンデモ科学」の類ではなく、あくまでも科学的に論を進めてゆく。

さて、「歴史」がスタートすると、今度は文献の研究が中心になるものだから、どうしても文系的思考でのアプローチが多くなるわけだが、
そこを敢えて理系的な発想で解釈するとどうなるか、というのがこの本の主題。

ただ残念なのは、章立てに若干の偏りがあったこと。

ちょっとばかり「数」について拘りが強い感があったので、せっかくならばもっと広い科学のテーマで、歴史を覗いてみたかった気もする。

本・読書カテゴリの最新記事