「大作曲家たちの履歴書・上」(三枝成彰)

「大作曲家たちの履歴書・上」(三枝成彰)

大作曲家たちの履歴書・上
評論家が書く作曲家伝なんかは、
ちっとも面白くないが、作曲家が書く作曲家伝は
面白いということに気付かせてくれたのが、この本。

上巻ではバロックから後期ロマン派までの10人の作曲家を採り上げている。


バッハ
モーツァルト
ベートーヴェン
シューベルト
ベルリオーズ
メンデルスゾーン
ショパン
シューマン
リスト
ワーグナー

意外にも、シューベルトやベルリオーズなどは、日本ではあまり逸話を耳にする機会が少ないので、とても興味深く読めた。

バッハならブランデンブルグ協奏曲、モーツァルトはハ短調のピアノ・コンツェルト、ワーグナーならトリスタン、といように、読みながら自分の好きな曲たちが頭を巡ってくれて、とても心地よい。

     下巻と合わせて20人の選抜なんだけれども、上巻ではあと、
   ヘンデル、ハイドンは入れて欲しかったな、、とも思う。

あらためて音楽史を振り返ってみると、バロックの巨匠、というような何となく古い感覚のするバッハの没年は1750年。

ベートーヴェンが生まれたのはそのわずか20年後だし、そのベートーヴェンの没年の14年前に、すでにワーグナーはこの世に誕生している。

そう考えると、クラシック音楽の歴史というのは、長いようで実は一瞬なのだと思えてしまう。

その一瞬の間に、これだけ多様な形式や表現方法を生み出せたということは、やはり奥が深いジャンルであると感心せざるを得ない。

本・読書カテゴリの最新記事