「東京見おさめレクイエム」(横尾忠則)

「東京見おさめレクイエム」(横尾忠則)

東京見おさめレクイエム
東京の地名とそれにまつわる有名人の思い出とを、
横尾節で語る短編エッセイである。

この類のエッセイは、大概が「土地褒め」だけで、どれもこれも似たような内容になるのだけれども、
そこは流石の横尾忠則。土地だけではなくむしろ人物の思い出がメインになっているので、読み応えがある。
例えば、こんなカンジ。


江戸川乱歩と銀座
夏目漱石と護国寺
泉鏡花と浅草
葛飾北斎と柳島妙見
太宰治と吉祥寺
水上勉と成城
芥川龍之介と飯田橋
澁澤龍彦と慈恵医大病院
・・・・・・・・
・・・・・・

とまぁ、知る人ぞ知る、というような組み合わせが多いのだけれども、
中には、


モーツァルトと月島

なんてヘンテコな組み合わせもある。

    読んでみたら、別に何てことはない。
   やっぱりモーツァルトは天才だなぁ、という話から始まり、
朝日新聞社の帰りに、初めて月島に立ち寄って、
お好み焼きとラムネを注文しました、と。

なんじゃそりゃ、ということなのだけど、モーツァルトにも月島にも、それぐらい軽妙な感覚の方が、なぜか合っている。

そんなカンジの脱力系エッセイ。

本・読書カテゴリの最新記事