「地球外生命を求めて ~宇宙は生命にあふれているのか?~」(マーク・カウフマン)

「地球外生命を求めて ~宇宙は生命にあふれているのか?~」(マーク・カウフマン)

地球外生命を求めて ~宇宙は生命にあふれているのか?~
Xファイル的なひやかし本かと思いきや、ところがどっこい(死語)、真面目なサイエンスの本である。

ある種の細菌は、とても生物が生存できないと思われていた環境でも平気で暮らしていることが次々に明らかになっており、広大な宇宙において、地球以外に生命はいない、と思う方が、もはや難しくなってきている。

僕もそう思う。

少なくとも我々の太陽系は、かなり恵まれた環境ということもあり、火星やエンケラドスで生命が発見されたとしても、ちっとも驚かない。
それどころか、ボイジャー1号の船体にびっしりと“宇宙産”の細菌がこびりついていたとしても、まぁそんなもんかな、と思う。

しかし、知的生命体となると話は別である。

地球の歴史を、何千回、何万回も繰り返してみても、見たことのないような生物が登場する可能性はあるが、ヒトのような知的生命体まで進化する確率は、ほぼゼロだろうと思う。

宇宙線や隕石などの地球外からの脅威、火山噴火や生物間の競争などの地球内でのリスク。
初期の生命体がヒトまで進化した道のりは、限りなくクリアが困難なサバイバルゲームだったと言える。

ちなみに、この本の著者は、知的生命体への進化は、それほどのレアケースではない、という結論に立っている。

それはそれでよいと思う。誰も答えを知らないのだから。

ミクロからマクロな空間まで。生命の謎に対して科学的アプローチを試みた良書だと思う。

本・読書カテゴリの最新記事