「モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテの生涯」(田之倉 稔)

「モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテの生涯」(田之倉 稔)

「モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテの生涯」(田之倉 稔)
果たしてダ・ポンテがモーツァルトのオペラを書いていなかったなら、
彼は後世に名を残せただろうか。

残念ながら答えは「ノー」だろう。

当時の評判はそれほどではなかったみたいだが、
フィガロやドン・ジョヴァンニは、
モーツァルトの音楽全体で見てもかなりの傑作なわけで、
やはりモーツァルトあってのダ・ポンテと言うべきだろう。

そんな彼には失礼かもしれないが、
その生涯については、別段特筆すべきことはない。

当時のヨーロッパによくいた詩人、といった感じである。

ただ、モーツァルトのオペラの作者が、
最後はニューヨーカーとして生涯を閉じたというその意外さだけが、
やはり目立ってしまう。

本・読書カテゴリの最新記事