「フォントのふしぎ」(小林 章)

「フォントのふしぎ」(小林 章)

フォントのふしぎ
フォント(タイポグラフィ)というのは、あらゆるデザイン領域の中でも、

最も美しいものの1つであると、個人的には思う。

ただ、フォントについて書かれた本は、案外退屈なものが多い。

それは、フォントそのものを説明している場合がほとんどであり、

それがどのようなコンテキスト、つまり景色の一部として使われているか

というのが、
イマイチ伝わってこないのである。

この本は豊富な実例写真により、そんな退屈はどこ吹く風。

フォントの楽しさ、美しさを実感させてくれる。

本・読書カテゴリの最新記事