「百頭女」(マックス・エルンスト)

「百頭女」(マックス・エルンスト)

百頭女
シュールレアリスムという意味では記念碑的な作品なのだろうけど、純粋な(この言葉は微妙だが)美術作品としては、どうだろう、二流作品なのではないか。

言うまでもなく、先人ゴヤの偉大なる「カプリチョス」がベースにあるのだが、その呪縛たるや、さすがのM・エルンストでも逃れられないぐらい強大だったに違いない。

「百頭女」を見た後に、無性にゴヤが恋しくなった。

本・読書カテゴリの最新記事