「絵画の二十世紀~マチスからジャコメッティまで 」(前田 英樹)

「絵画の二十世紀~マチスからジャコメッティまで 」(前田 英樹)

画の二十世紀~マチスからジャコメッティまで
西洋絵画の一つの頂点が、セザンヌだったことは間違いない。

ではセザンヌが到達した地点を、以降の画家達は、とりわけ「写真」という技術が誕生した後に、どのように継承していったのか。

マチス、ピカソ、ジャコメッティ、ルオーという「セザンヌの子供たち」の作品を通して、西洋絵画とは何か、を浮き彫りにする。

色か線か、平面かマチエールか、オブジェかアートか。
対照的な概念を用いつつ、(若干読みづらくはあるが)西洋絵画の本質にアプローチする。

なかなか理解が難しい、ピカソやマチスの作品の楽しみ方も教えてくれるし、
これを読んだ後では、印象派の絵画なんか薄っぺらく感じてしまうかもしれない。

個人的には、ゴーガンについても採り上げてほしかった。

本・読書カテゴリの最新記事