「マゼラン 最初の世界一周航海」

「マゼラン 最初の世界一周航海」

マゼラン 最初の世界一周航海
世界一周には遠く及ばないが、東京・福山間の新幹線での往復で読み終えた。

激しい覇権争いを繰り広げていた当時のスペイン・ポルトガルにおいて、
ポルトガル人のマゼランがスペイン国王の命を受けて航海に出た意義というのは、
それが「歴史上初の世界一周」であった事実以上に大きなものである。

大船団を組んだものの、帰国したのはわずか18名。

船上で、そして停泊先で一体何が起きたのか。

帰還メンバーの1人であるピガフェッタの著作と、メンバーの証言を記録したトランシルヴァーノによる著作を収めた興味深い一冊。

「大航海時代」という「陣取合戦」に翻弄された歴史の事実は、物悲しくさえある。

本・読書カテゴリの最新記事