「恋愛美術館」(西岡 文彦)

「恋愛美術館」(西岡 文彦)

「恋愛美術館」(西岡 文彦)
ピカソ、ドガ、ルノワール、マネ、ルソー、
そしてモディリアーニ。

主に「モンパルナスの画家たち」の生き方と、
それを支えた女性たちの物語。

特にモディリアーニとジャンヌ、ロダンとカミーユの逸話は、
まるでプッチーニのオペラでのようなドラマ性を孕んでいて、
著者の語り口の巧さが、その感動を増幅させてくれる。

ピカソのような自己中心的な性愛もあれば、
モディリアーニのような清貧さの中の恋もある。

絵画や彫刻といった作品に、
恋人たちの存在がどれぐらい影響を与えているかというのは、
なかなか難しいテーマだろうけれど、

作品鑑賞の楽しみ方の1つの方法を与えてくれるものであることは、
間違いない。

個人的には、あと、クリムト、シーレ、ココシュカ・・・
あたりもラインナップに加えてほしかった。

カラー挿絵も豊富で、最近読んだ中では断トツの良書だ。

本・読書カテゴリの最新記事