「四季」(谷内 六郎)

「四季」(谷内 六郎)

四季
谷内六郎の絵には必ずと言っていいほど、子供が登場する。
だから「四季」といっても、西洋画のような、自然を客観視する類のものではなく、
むしろ自然の中に入り、画中の子供の視線で絵を眺める仕掛けになっている。

このような仕掛けは日本においては珍しいものではなく、
中国のいわゆる「文人画」にさかんに見られる手法で、
我が国の江戸時代の文人画や、広重の紀行版画などにも、その影響が顕著に見られる。

だから谷内六郎の絵は文人画なんだ、と言ってもだれにも相手にされないだろうけれど、
見るものをなんとなく懐かしい気持ちにさせてくれるのは、

われわれのDNAにしみ込んだ、祖先たちの感性をくすぐるからかもしれない、と
思ったりもする。

本・読書カテゴリの最新記事