「色彩の教科書」(芳原 信)

「色彩の教科書」(芳原 信)

色彩の教科書
色の魅力を知る入門書としては、うってつけの本。

「色」という漢字は、男女の行為の形から派生した文字だというのをどこかで読んだことがある。

それはさておき、色がなければ世界は味気ないだろうし、(思い込みも含めて)我々が色から得ている情報はかなり多い。

郵便ポストは特に赤でなくても平気な気はするが、「止まれ」の信号はもはや赤以外は考えられないし、山手線はやはり緑。

自然も、緑。

ただ緑色自体に癒しの効果があるとはとても思えず、自然にその効果があることからのイメージの刷り込みだろう。

そんなことをあれこれ、いや色々と考えさせる力が「色」にはあるわけで、「色々」という言葉を最初に使い始めた人は「色」の本質をよく知っていたに
違いない、、、と思って手元の古語辞典で「色々」を引いてみたら、既に万葉集に例があり、源氏物語には多数出現しているもよう。

日本人は、色好み。

本・読書カテゴリの最新記事