「宇宙を解く壮大な10の実験」(アニル・アナンサスワーミー)

「宇宙を解く壮大な10の実験」(アニル・アナンサスワーミー)

宇宙を解く壮大な10の実験
もし、この本に書かれている「科学的事実」だけを抽出するならば、
おそらく30ページ以内でまとめられるだろう。

その約10倍のページは、それら「科学的事実」を発見・検証するための実験及びそれを可能とする施設を、実際に見聞した記録からなる。

ガリレオ・ガリレイが望遠鏡を覗いてから400年の間に、天文学を取り巻く状況はめまぐるしく進歩した。

観測の主役は、光学望遠鏡から、電波望遠鏡、そして素粒子をとらえる仕掛け、へと変わってきた。

この本の主眼はおそらくその点にあるのだろうが、いかんせん、描写が長い。

著者はインド人。
さすがは『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』という二大叙事詩を生み出した国だと、納得できてしまうところでもあるが、

純粋な科学書を期待している人にとっては、ちょっとがっかりしてしまうだろう。

であれば、思い切って、もっと万人受けする「科学風エッセイ」にしてしまった方が良いかとも思うが。
(もしかしたら著者はそのつもりなのかもしれない)

エピローグにおいて、きっちり総括するのかと思いきや、
ここにおいても、相変わらず叙事詩風の、後味の悪い終わり方。

著者は科学者ではなく、詩人向きだろう。

本・読書カテゴリの最新記事