「ヒトは食べられて進化した」(ドナ・ハート/ロバート W.サスマン)

「ヒトは食べられて進化した」(ドナ・ハート/ロバート W.サスマン)

「ヒトは食べられて進化した」(ドナ・ハート/ロバート W.サスマン)
得体の知れない何物かに人間が襲われる・・・
というのがホラー映画の基本だけれども、

ドラキュラはカッコつけすぎな感じがするし、
プレデターは捕食するわけではないし、

エイリアンは舞台設定が非現実的だし・・・って考えると、
ヒトを襲って喰らうゾンビこそが、正統なるモンスターか。

以前、巨匠ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画(タイトルは失念)を見たことがあったけれども、
その時の感想はズバリ、「野生の王国」。

まさにインパラがライオンに追い回され、最後は食われる、
というイメージと完全にダブった。

さて、ヒトの祖先は凶暴な肉食動物に捕食されていた、
などというと、素人の私にはむしろ当たり前のことに聞こえてしまう。

気候変動により森が減少し、
草原に降り立った鈍足の二足歩行の裸のサルが、
どうして肉食動物の餌食にならなかったはずがあろう。

しかしながら、
学界においてはそのようなことはタブーになっているらしい。

それどころか、ヒトの祖先の化石自体の研究でさえも、
政治的・宗教的圧力や偏見により、
ものすごく遅れているのが現状だ。
※今や、恐竜よりもヒトの祖先の方が、
「謎多き生物」と呼べるかもしれない。

だから、この本には特に驚くようなことは書かれていない。
むしろ一番驚くのは、
「研究者というのは偏見の塊だ」ということ。

その偏見の壁を壊して、
当たり前のことを当たり前に伝えるように努めたのが、
この本である。

本・読書カテゴリの最新記事