「旅する江戸絵画 ~琳派から銅版画まで」(金子 信久)

「旅する江戸絵画 ~琳派から銅版画まで」(金子 信久)

旅する江戸絵画 ~琳派から銅版画まで
日本武尊、在原業平、そして「源氏物語」の明石巻に見られるように、
古代の旅というものは、体制から強制された刑罰のようなものだった。
それが中世になると、西行のように、敢えて自らをそのような境遇へと追いやる者も現れる。

そして江戸時代。経済や街道の発達にともない、初めて人々が「レジャーとしての旅」を楽しむようになる。

そんな思いでこの400頁弱もある本をめくっていくと、目に飛び込んでくる1枚1枚が、生き生きとしてくる。

そこにあるのは、かつてのような悲哀に満ちたものではなく、楽しく、自由な旅の姿である。
自由な気持ちがなければ、旅路の景色を写生しようなどという気も起きないに違いない。

全作品、カラー図版が収められており、見どころはクローズアップするなど、細かな配慮もしてあるのが、うれしい。

本・読書カテゴリの最新記事