「地名の謎」(今尾 恵介)

「地名の謎」(今尾 恵介)

地名の謎
地名の謎、というか日本各地名の由来の説明。

案の定、後半は、昔の地名は良かったのに今の地名は味気ない、という、ありがちな「昔は良かった」モードに。

別に地名に限らず、昔は良かった、というステレオタイプは誰が植え付けるものなのだろうか?

地名なんて分かり易ければそれはそれでよいし、由緒ある地名がもったいないのなら、ここは昔は何と言う地名でした、という看板でも立てておけばよい。

東京が京都みたいに、「○○○入ル」とか「下ル」とかなったら不便でしょ、やっぱり。

大宮市と浦和市が合併して「さいたま市」になったり、田無市と保谷市が合併して「西東京市」になったり、別に名前は何になってもいいし、それがイヤならそこに住まなければ良いだけの話。

結局は住む人があっての地名なのだから、部外者がとやかく言うのはちょっと的外れな気がする。

本・読書カテゴリの最新記事