「鳥居」(稲田 智宏)

「鳥居」(稲田 智宏)

鳥居
珍しい鳥居の紹介と、挙句には鳥にまつわる古代神話に紙面を費やして、

鳥居のルーツへの踏み込みがなかったことに、やや不満。

個人的には、もともとは「神居」(カミイ・カムイ)で、それが「鴨居」(カモイ 地名として何か所か存在している)になり、
さらには誤写かあるいは元の意味が忘れられて「鳥居」と書かれるようになったのではないかと思ったりしている。

あの形は「天」という文字を象ったものというのも、大いにありうると思う。

本・読書カテゴリの最新記事