「巨大翼竜は飛べたのか スケールと行動の動物学」(佐藤 克文)

「巨大翼竜は飛べたのか スケールと行動の動物学」(佐藤 克文)

巨大翼竜は飛べたのか スケールと行動の動物学
看板に偽りあり。タイトルに騙された。

翼竜の話が出てくるのは最後の10分の1ほど。
あらかじめ前書きにて、「翼竜の話が出てくるのは最後の最後だけれども、
それまでの話は大事な前提となるので我慢して読んでいただきたい」とあったけれども、それも本当か疑わしい。

なぜなら、翼竜についての論旨をまとめると下記になるのだが、

①翼長が10mを超す翼竜の体重が、従来の説のとおり70kgだというのはおかしい。
②おそらく250kgほどはあったはずだ。
③そんなに重い翼竜が飛べたはずがない

①②の仮説を導き出すためであれば、一冊のうちの10分の9を使うというのはあり得ない。
大型の鳥やコウモリの翼長と体重の相関関係から、仮説を立てるのは容易なはずだ。

そして挙句の果ての結論が③。

既に絶滅した動物について、飛べたか飛べないかを議論してもあまり意味がない。

翼竜の化石から想像するに、飛んでいたことは間違いないはずなのだから、
大事な論点は、

「体重が250kgほどにもなるはずの翼竜が飛べたのはなぜなのか」

ということであり、それについて論ずることこそが、科学なんだと思う。

だからこの本はピンボケしていると言わざるを得ない。

野外生物の行動を、最新機器を用いて記録しました、というそれだけの話。

本・読書カテゴリの最新記事