「美術の物語」(E.H.コンブリッチ)

「美術の物語」(E.H.コンブリッチ)

美術の物語
言わずとしれた、名著。
いつか読もう、と思っていたもののなかなか読めず、たまたま立ち寄った渋谷の書店で「ポケット版」を見つけたので、迷わず購入した。

美術作品の見方に正解はなく、人それぞれであるべきだと思うのだが、
それでもこの本だけは読んでおくべきだろう、と思わせるほどの、熱く厚い内容。

洞窟壁画から、デュシャンの便器まで、「美術」と呼ばれるジャンルを貫く「何か」を探し求めるというのがこの本の主題といっていい。

この本を読んだ後に、見慣れたあの作品をもう1度見直すと、以前とは違った印象や感想を抱くようになるだろう。

豊富なカラー図版が掲載されているのもうれしい。
これで2,000ちょっとなら、買わない手はない。

本・読書カテゴリの最新記事