「現古辞典」(古橋 信孝 他編)

「現古辞典」(古橋 信孝 他編)

「現古辞典」(古橋 信孝 他編)

例文として、「日本書記」と江戸の戯作が一緒に並ぶなど、
構成にもうひと工夫欲しいとは思ったが、

現代語からそれに対応する古語が引ける(つまり「逆引き」古語辞典)というのは、
面白い試みだと思う。

それにしてもあらためて思うことは、
日本の古語においては、
主観を表す単語が豊富だということである。

例えば、現代語の「怖い」に対応する古語として、
この本では以下の古語を挙げている。

かしこし、ゆゆし、おずし、おぞし、おぞまし、おそろし、けおそろし、ものし、けうとし、うとまし、すごし、こころすごし、つべたまし、むくつけし、むくむくし、むつかし、けむつかし、こころにくし、こはし

古語のバリエーションの多さに感嘆するのもアリだが、
逆にいえば、現代語の「怖い」という語は、

ここに挙げた微妙にニュアンスの異なる古語たちの意味を
すべて含有していることになる。

実はそれはそれで、すごいことだと思う。

たとえて言うならば、
今までは10種類のソフトを使わなければならなかったような処理が、
1種類のソフトでもできるようになったのと同じことで、

昔はあんなにいろんなソフトがあったのに…と懐古するか、
今はこんなに便利になった!と嬉しがるのかは、
どちらが正しいという訳でもあるまい。

言葉はソフトである。

変わってゆくものを使いこなしてゆかねば、
時代に取り残される。

本・読書カテゴリの最新記事