「海獣葡萄鏡」(森 豊)

「海獣葡萄鏡」(森 豊)

「海獣」の紋様の入った鏡のことかと思いきや、
そこにはイルカやクジラは登場せず、
なぜこの鏡に「海獣」という名が冠せられたかは、結局は謎のままだった。

逆に、そこに登場する動植物、つまり、ライオン、孔雀、そして葡萄については、
かなり詳細に考察が述べられていた。

天武朝前後の、日本・中国・朝鮮半島をめぐる政治的な動きと、
それに付随する文化的な交流については、かなり興味深く読むことができた。

むしろ、型から外れないことこそがデザイナーの仕事だった、というあたり、
プロフェッショナルな仕事に対する当時の考え方が、
わずかながら見えた。

本・読書カテゴリの最新記事