「系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く」(井田 茂)

「系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く」(井田 茂)

系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く
新書なので手軽に読めるだろうと思ったが、実際に読んでみると意外と濃い内容なので驚いた。

タイトルは「系外惑星」だけれども、全体の3分の2は、一般的な惑星科学と地球科学の話に費やされ、
期待していた系外惑星探しの最新のトレンドについては、驚くほどあっさりとしか触れられていないことに、ちょっとだけがっかり。

それにしても、我々の住む太陽系のような「均整のとれた」惑星系というのは稀なのだということを、あらためて痛感した。

ガスが凝縮してできるという恒星誕生のメカニズムは、おそらくどの恒星でも同じはずで、
その過程で惑星が生じるというのも、ごく自然のことだ。
だがその惑星が、我々の太陽系のように、極端な楕円起動を取ることなく、適度な距離感に配置され、内側から「岩石惑星」「ガス惑星」「氷惑星」の順に並ぶ、というのはどれぐらいの確率であり得るのだろうか。

おそらく最新の科学ではそれぐらいのシミュレーションはできているはずだけれども、
そこに対しての言及はされていなかった。
でもおそらくは、どちらかといえば悲観的な数値になるのだと思う。

本・読書カテゴリの最新記事