「にほんのかたちをよむ事典」(形の文化会)

「にほんのかたちをよむ事典」(形の文化会)

にほんのかたちをよむ事典
「よむ事典」と題された本は、昔からある。「飲むヨーグルト」みたいなものだと、なんとなく考えていた。

それはともかく、「かたち」という日本語は、しかもひらがなで書けば一層、便利なことばで、
フォルム・カラー・シェイプ・レイアウト・テクスチャ・モード…等々、デザインやアートに属する概念をすべて包含してしまう。

たとえば「茶道のかたち」といえば、それは茶碗を回してお茶を口に運ぶという動作も、四畳半の茶室のもつ独特なエネルギーも、茶道に連なる和歌の伝統も、そしてもちろん茶碗そのものも、茶道を取り巻く、「物質的」「精神的」なあらゆる「モノ」が含まれ、そのひとつひとつが日本という時空の中で複雑に絡み合いながら、「かたち」を形成しているのである。

つまりあらゆる「モノ」は、日本文化のデータベースの一員であり、かつ複雑なネットワークの因子であると言える。

日本文化を理解するカギはまさにここにあるのであって、ひとつひとつの事象が、おそろしく複雑なコンテクストを持っているのである。
そしれそれをいかに分かりやすく解きほどくかが、日本文化を語る者の使命でもある。

この本にはそれを期待したのだが、、、、残念ながら満足はできなかった。

それぞれのパートが違う著者によって書かれているため、肝心な「ネットーワーク」を掴みきれていないし、
著者のレベルもバラバラなため、中には「?」と思ってしまう項目もある。

やはり「日本文化のネットワーク」を解きほぐす作業というのは、
誰かが責任をもって、人生を賭けてやらなくてはならないぐらいの仕事になるだろう。

…ん…?、はい、私はやりませんよ…だって、時間が…。

本・読書カテゴリの最新記事