「線の冒険」(松田 行正)

「線の冒険」(松田 行正)

線の冒険

存在のみを表す「点」が動きを得ると、「線」になる。

そこには、さらに次の次元である「面」へと広がること以上の、ドラマチックな相転移である。

長さというものを表すのも線であり、境界(結界)を示すのも、線。
運動の軌跡を表すこともあれば、光の種類(赤外線・X線etc.)を表すこともあり、我々の文明はまさに「線」が絡まってできているといってもいい。

そんな「線」の魅力を綴ったのが本書。

数年前に読んだ「眼の冒険」同様、松田行正さんの本は、博物誌的というか、澁澤龍彦的というか、どこか異端な匂いがして、とても刺激的だ。

想像力を拡げることの楽しさを教えてくれる。

カラー図版が多いのも◎。

本・読書カテゴリの最新記事