「古代中国思想ノート」(長尾 龍一)

「古代中国思想ノート」(長尾 龍一)

古代中国思想ノート
日本人の大部分は、古代中国思想のうち「孔子」しか知らずにいるのだけれども、
実は荀子、墨子、荘子辺りは、かなり面白い。

入門書という位置づけではなく、内容もかなり偏っている気はするけれども、古代中国思想を「なんとなく概観」するにはちょうどよいボリュームかもしれない。

それにしても、今の中国の状況から、かつてあの国にこんなに思想家たちがいたなんてことは、ちょっと想像がつかない。

この本にも触れられていたが、彼ら思想家は、西洋的な哲学者というよりも、戦国時代に各国の王に雇われることに必死だった弁論家のような存在であったのだろう。

たまにはこういう本も悪くはない。

本・読書カテゴリの最新記事