「天文台日記」(石田 五郎)

「天文台日記」(石田 五郎)

「天文台日記」(石田 五郎)
1970年代、当時国内唯一の天文台だった、
岡山県の天文台での一年を記した、
日記形式のエッセイ。

一年中望遠鏡を覗いている人もいれば、
毎日顕微鏡の前に座っている人もいる。

僕も含めて、大多数はその中間なのだが、
では一体、大多数の我々は何を見て過ごしているのか。

この日記の最後、197X年12月31日は、
アポリネールの詩で閉じられている。

**********
ミラボー橋のその下を 流れるは
セーヌの川か 我が恋か
・・・・・
・・・
日々は過ぎ去り 止まるは、我。
**********

言葉を星になぞらえた人もいたけれど、
詩人というのは天文学者に近いのかもしれない。

星の海と、ことばの海。

本・読書カテゴリの最新記事