「昆虫図」(久生 十蘭)

「昆虫図」(久生 十蘭)

不気味さ漂う、十蘭の短編小説。

隣の家の女房が見えなくなったと思ったら、
その家の天井や壁に、

まずは蠅が、次に蝶、そして蛾、甲虫、
最後には蛆が一面に沸く、という内容である。

それが何を意味するかは、読者が想像する通りである。

本・読書カテゴリの最新記事