「骨仏」(久生 十蘭)

「骨仏」(久生 十蘭)

これも、十蘭の怪奇短編。

陶芸家が、「理想の白」を表現するために、
人骨を混ぜて窯で焼き上げる、という話。

ごくさりげない表現で、
不倫とその復讐といった、泥臭い人間関係までもが、
顕わになる。

短い中に濃密な内容を盛り込んだ、名品。

本・読書カテゴリの最新記事