「マンダラとは何か」(正木 晃)

「マンダラとは何か」(正木 晃)

マンダラとは何か

これは仏像に対しても言えることなのだが、
本来の宗教的意義が無視あるいは軽視され、
もっぱら美術作品としてのみ鑑賞されることが、よくある。

特にマンダラともなると、
密教や呪術といった、胡散臭いイメージが一般的にはつきまとうため、
とっつきにくいモノであることは、確かだ。

この本は、正面切って、密教におけるマンダラの意義について、解説したもので、

もっと具体的に言えば、マンダラの図像の意味するところと、
それが密教の現場において如何に用いられていたか、を述べた本だ。

僕が思うに、マンダラとは、現実世界と仏界とを結ぶ「媒体」ではなかろうか。

「仏界易入」とはいうものの、「では、心を無にして瞑想してごらんなさい」と言われて、
果たしてどれほどの人が実践できるだろう。

真の「真空」が物理的には実現できないのと同様、
「心を無にする」なんてことは、できっこない。

無にしようと思えば思うほど、「無にしようと思っている自分」が生じてしまう。

ではどうすればよいのか。

そのための手助けとなるのが、マンダラなのである。

心の中で、マンダラの神仏たちを一体ずつ再現することで、
集中力が高まり、瞑想の境地へと誘われてゆく。

これこそがまさに密教の奥義であり、
これを我が国に持ち込んだのが、弘法大師空海であった。

音楽でもそうなのだが、同じフレーズを繰り返すことは、
精神をハイの状態にすることが分かっている。

マンダラの規則正しい、永遠を象徴するかのような図像には、
そのような意図もあるのだろう。

本・読書カテゴリの最新記事