「日本の音」(小泉 文夫)

「日本の音」(小泉 文夫)

「日本の音」(小泉 文夫)

 

小泉文夫さんの著作の魅力は、単なる音楽論に終始するのではなく、
更に深く、芸術論・文化論にまで敷衍できる内容をもっていることだと思う。

この本の中でも、西洋と東洋との比較、そして東洋の中の日本、
というトップダウン式の思考で、日本音楽の特徴を論じている。

われわれ現代人は、日本の古典音楽にどのように接するべきなのか、
について、深く考えさせてくれる。

これを読まずには、音楽のことなど語れない良書。

本・読書カテゴリの最新記事