「音楽の根源にあるもの」(小泉 文夫)

「音楽の根源にあるもの」(小泉 文夫)

「音楽の根源にあるもの」(小泉 文夫)

久々に、小泉文夫さんの著作を読んでみた。

最近、音楽について、あれこれと考えることが多かったので、
原点回帰というか、まさに「根源にあるもの」について、
何かしらヒントがあるのではないか、という思いがあった。

結果的は、、、読んで正解!!

かなり僕の頭の中は、スッキリした。

特に、他の分野の専門家たちとの対談においては、
音楽と脳の関係、音楽と言葉の関係など、
興味が尽きなかった。

何よりも、語り口が軽妙で、分かりやすい。

デザイナーとかでも、すごく上手い文章を書く人がいるのだけれども、
やはり才能のある人は、それなりにマルチなわけで、

「天は二物を与えず」

なんてのは、努力不足な人の言い訳なんだよね。

ということで、僕もしばらくは、
民族音楽を追いかけてみたいと思う、今日このごろ。

本・読書カテゴリの最新記事