「酒ぎらい」(太宰 治)

「酒ぎらい」(太宰 治)

太宰なんて読むのは、10代の頃以来かと思うけれど、
タイトルにひかれて目を通してみた。

別に酒を飲むのが嫌いというわけではなく、飲むなら店でとことん飲む、
家に酒瓶を置いてちびちびやる、みたいなのが嫌い、というような話。

まぁ、それも分からなくはないかな。

ただ、毎日飲む派としては、さすがに毎晩外で飲むわけにもいかないから、
自然と、家に酒を置くようになる。

そうすると、今度はもったいないという気持ちが湧いてくるのと、
家でひとりで泥酔するのも何か寂しいので、少しずつ飲むようになる。

飲みすぎか、そうではないかの境目は、
「次の日に後悔するかしないか」
だと個人的には考えているのだけれど、果たしてどうだろう。

本・読書カテゴリの最新記事