「地球46億年 気候大変動」(横山 祐典)

「地球46億年 気候大変動」(横山 祐典)

「地球46億年 気候大変動」(横山 祐典)

 

サブタイトルは、
「炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来」。

ブルーバックスって、
何となく高校生向けの科学一般書というイメージが強くて、
この本もそのつもりで気軽に手に取ってみたのだけれど、
なかなか専門的でヘヴィーな内容だった。

人間の活動に起因する二酸化炭素の増加により、
地球気候が温暖化しているのは疑いようのない事実だが、

けれど、それ以外の原因によっても、
長期的・短期的な気候変動を地球は過去に繰り返し、
そしてこれからも繰り返すわけで、

そのメカニズムについて、
地球内外のあらゆる事象のひとつひとつを詳細に解説している。

ただ、
例えば「地球酸化イベント」とか「ミランコビッチサイクル」とか、
あるいは「スノーボールアース」とか、

それだけで1冊の本が書けるような内容を、
わずか数十ページずつで語るわけなので、

紙面の都合上、本当にエッセンスだけにしか触れられないことが、
この本を難解にしているのだと思う。

もう少しトピックスを絞り込んだうえで、
余裕をもって解説してくれた方が、
分かり易かったのかもしれない。

そんなわけで、内容は濃密だが、
入門書としてはあまりオススメできないかな。

ここに書かれているような内容を既に学んだことがある人が、
その知識や理解を確認するために読む本というイメージ。

本・読書カテゴリの最新記事