「泥酔文学読本」(七北 数人)

「泥酔文学読本」(七北 数人)

「泥酔文学読本」(七北 数人)

「酒と文学はよく似ている」ということから、
酒が印象的な数多くの作品を紹介したエッセイ集。

自分が最近あまり小説を読まないこともあり、
ほとんどが知らない作品ばかりであったが、

さいわい酒の方は、
あまり飲まないどころかお世話になりっぱなしなので、
トータルとしてはまずまず楽しめることができた。

やはり酒というのは、古今東西、
日常と非日常とをつなぐアイテムの代表格だったわけで、

それが小説や詩歌に頻繁に採り上げられることは、
当然といえば当然といえる。

内容としては、ごくごく平易に書かれており、
毒にも薬にもならないといったところだが、
毒にも薬にもなり得る酒との対比が、
面白いっちゃ面白い。

なのでそれこそ、
酒を片手にほろ酔いになりながら、
スラスラと飲み干す、いや読み干すにはちょうど良いだろう。

本・読書カテゴリの最新記事