「生命誕生 地球史から読み解く新しい生命像」(中沢 弘基)

「生命誕生 地球史から読み解く新しい生命像」(中沢 弘基)

生命誕生 地球史から読み解く新しい生命像

生命の誕生と進化についてのこれまでの常識に、
果敢に挑戦した、ユニークではあるが決して荒唐無稽ではない、
意欲的な著作。

著者の説を簡単にまとめると、

生命誕生に必要なアミノ酸は、
地球の「後期重爆撃期」の隕石衝突時の化学反応によって生じ、

そして海底深くに埋まったそれら物質が、
プレートテクトニクスにより沈み込む際に、
「生命個体」となる、というもの。

生命は、従来説のように海中ではなく、
海底深くで誕生したという点がポイントであり、

つまり水の存在は、生命誕生にとって必要条件ではあるが、
十分条件ではない、ということになる。

生物進化の原動力を、
地球全体のエントロピー増加分を調整するための、
低エントロピーの実現だとする点は、
まぁ、そうだと言えなくもないかな、という感じだが、

先に述べた生命誕生のシナリオを、
実際に装置を使って再現を試みている点にも、
大きな価値があると思っている。

生命誕生や進化のメカニズムを、
地球科学という視点で解釈し直したこの本は、
まさに科学の創造力の楽しさを味わわせてくれるだろう。

本・読書カテゴリの最新記事